ヴェルサイユにパリから乗り込んだのは、午後の半ばでした。
パリコレ真っ最中のパリは、渋滞が激しく、また、至る所で道路工事をしており、なかなかパリを抜け出せません。

通常、パリからヴェルサイユまでは、車で1時間程度、これではかなりかかるな・・・とミニバスに乗り込んだ、8人は覚悟しました。が、パリを抜けると、しばらく緑豊かな道を快適に進み、ちらほらと豪華な邸宅がみえてきたと思ったら、急に視界が開けて、目前にヴェルサイユ宮殿!(心の準備が、出来てなくて、焦った!)

と思ったら、今回滞在するホテル、『ル・ルイ・シャトー・ヴェルサイユ』に到着しました。パリから、30分で着いてしまいました。

喜んだのは、夕方の観光(街歩き)に出かけたい面々。もちろん、私もです。
・・・が、フランスでは、どんな所にも、トラブルというものが転がっているのです。

チェックインで、トラブってしまいました。

これから観光するところは、まず、18時に閉まってしまい。また、午後からしか開いていないので、明日には、伸ばす事が出来ない、オタクポイント!

『ジュ・ド・ポーム』です。

かなり時間がかかりましたが、荷物を部屋に置いて、ヴェルサイユの石畳用にスニーカーに履き替え、ロビーに集合。

いざ!ホテルを出て、左に曲がると、正面に宮殿、左右に、小厩舎と大厩舎を見ながら、今回の旅行の主催者、・・・Kさんです。・・・の、後を必死で付いて行きます。時間が無いのと、Kさんスゴク足が速いのです。途中で、道が分からなくなり、街角に設置されている、道案内を見ながら、再びゴー!

石畳、歩きにくいよ~と、付いて行くと、Kさんが猛ダッシュします。遅れるな!と走ったら、
Kさんが、
「おじさんが、3分だけなら、見てイイって!」
と、ドアに片足を突っ込んで、言いました。

Kさんも、ゼイゼイしながら、
「私が走るから、皆は大丈夫、ゆっくり来て!
片足さえ入れれば、見せてもらえるから・・・」

今まで、Kさんと3回ほど一緒に旅をしましたが、毎回、この片足を入れる!で、助かっています。
皆さまも、欧州に行かれたら是非、試してみてください(笑)

ジュ バスティーユオスカルさまも、入る事が無かった、ジュ・ド・ポーム。
ただただ、感動でした。
入ってすぐに目についたのが、隅に置かれた『バスティーユ』の模型。

そう、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
森ビルでの、『マリー・アントワネット展』で、展示してあったものです。

写真の、右隅に白い台の上に置かれた、ケースに入っているのが、それです。

私が、あまりにも大声で、『バスティーユ』と、叫んだので、おじさんが、
「そうだよ!日本に行っていたのが、此処に戻ってきたんだよ」
と、教えてくれました。


ジュ 絵前集合ジュ・ド・ポームの中は、赤っぽい土で、遠慮して、観覧席のような柵の中から見ていたら、
またまた、オジサンが、中に入っていいんだよ!写真を撮ってあげる。と、勤務時間を延ばされたにかかわらず、親切でした。

但し、私たちの後に入ってきた、カップルは追い出されていましたが。

私達の妙なポーズは、おじさんがこうやるんだ!と言って、ポーズさせられたのです。この絵の前では、このポーズで撮らないといけないのでしょうか?



感動のあまり、写真を撮り忘れましたが、ジュ・ド・ポームの前の道は、意外と狭く、原作のイメージでは、もう少し、広場か何かある感じだったのですが。ナポレオンとすれ違いざまに、剣がぶつかる!というには、やはりこの位の道幅がぴったんこなのかな・・・とか、後から思いました。

ジュ 像ジュ 外観ジュ バイイ

バイイの様な人が、書いてあるこの看板(?)フランス語読めないので、どなたか、解読できましたら、教えてくださいませ

で、管理人のおじさん。私たちがでると同時に、鞄を持って、直ぐに鍵を閉めて、本日の営業は終了と自転車に乗って消えてしまいました。

が、私たちが次に行く、サン・ルイ教会への道順を教えてくれて、道角で迷っていると、指を差して教えてくれました。

ジュ・ド・ポームの全容は、撮るのを忘れました。(馬鹿!)
原作を参照してくださいね。

看板 ジュジュ 日本語こちらは、この辺り、あちこちにある、案内板。勿論!私たち、オタクの為に日本語表記もありました。
ありがたい事です。

写真が、以前からですが、向きがおかしいです。
何度か、チャレンジしてみたのですが、なぜか、直りません。
申し訳ございません。


Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.